TOYS TO ARTレビュー:Playsome Toys ClassicBotシリーズ 「iBot G3」

香港のトイメーカー・Playsometoysが送るClassicBotシリーズ最新作。

あの、PC史上最もカラフルな機種と呼ばれた90年代の名機を、

「iBot G3」としてフィギュア化!

初代iMacとも呼ばれる「iMac G3」は、

PCデザインの常識を覆したとも言われる革新的プロダクトの一つ。

約8cmの手のひらサイズ。

丸みを帯び、奥行きのあるCRTモニターから小さい手足が生えたような可愛らしい見た目。

モチーフとなっている「iMac G3」と同様、

外装にクリアーパーツをふんだんに使用されており、

非常に見栄え良く、美しいデザインが特徴的です。

下部にCD-ROMドライブも造形され
実際にトレイを引き出すことはできないものの、雰囲気バッチリ。
スピーカー部分も異なる色のクリアーパーツで再現するなどコダワリを感じる出来栄えです。

背面は言わずもがな、あまり見えないような底面のファンにも細かいモールドが入っています。

表面だけでなく、内部ディテールにも注目。
さらに側面のカバーを開くと、USBなどを接続するポートパネルが見れるようになっているなど、恐ろしいほど作り込まれています。

オプション類も充実。

キーボードとマウス、コンピュータースタンドが付属。

本体に合わせてデザインされた丸いマウスもクリアーパーツ製。

目と口が造形され可愛らしい仕上がり。

両脚は簡単に取り外しが可能。

両腕もマグネットで取り付けてあるので、

取り付け軸や穴などがないスッキリとした見栄えです。

両腕と両脚を取り外し、コンピュータースタンドを取り付ければ、

コンピューターモードへ。

マウスとキーボードのおかげで雰囲気の再現度も見事。

「iMac G3」は 大人気を博した第一弾のボンダイブルーを皮切りに

様々なカラーバリエーションが生まれました。

今回紹介する「iBot G3」は、

先に紹介した鮮やかなブルーが特徴的な「iBot – Bondi(ボンダイ)」に加えて、

オレンジカラーの「iBot – Tangerine(タンジェリン)」の2種類が発売されています。

どちらも、Toys To Art内で購入することができます。

「iBot – Bondi(ボンダイ)」と「iBot – Tangerine(タンジェリン)」の違いはカラーリングのみ。

一見するとポップキュートなフィギュアですが、

「iMac G3」が持つデザインの魅力の一端に触れられる「優れた模型」として楽しむこともできるというなんとも奥深いアイテム。

デザイナーである「Philip Lee氏」の「iMac G3」や「玩具」に対する愛情の深さを随所に感じる素晴らしい商品です。

PlaysometoysのClassicBotシリーズ最新作、 「iBot G3」の購入は
是非、Toys To Artにて!

 

関連リンク:▶︎Toys To Art インタビュー01: フィリップ・リー


Toys To Artの公式LINE@アカウントで最新情報を配信中!Lineで友達追加していただくだけでどこよりも早く商品情報や1000toysならではのアーティストの情報を配信!

スマートフォンからご覧になっている場合はこちらのボタンでも簡単に追加できます!

友だち追加

PCからご覧になっている場合、「LINE」アプリの「その他」タブから「友だち追加」を選択すると、ID検索画面が表示されます。そこからToys To ArtのID「@szw1867v」を入力して検索して頂くか、下記のQRコードを読み込んで追加することも出来ます。

This image has an empty alt attribute; its file name is TTA-LINE-QRCODE.png
Write caption…