Toys To Art インタビュー02: JUBI

今回のTTAインタビューは台湾出身アーティストのJubiさんです!2017年にUnBox Industriesから発売されましたGiant Crab Kaijuをきっかけにデザイナートイ業界から注目を浴び、その翌年に発売されたPoisonous Scorpion Kaijuで一気に人気アーティストの仲間入りを果たしました彼ですが、甲殻類がモチーフの作品ばかり作ることでも有名です。最近ではトレーディングシリーズの「UNBOX & FRIENDS」の参加アーティストの一人に選出されるなど精力的に活動しています。

そして2019年には、Jubiの甲殻類への偏屈した愛情とバイナル特有のかわいらしさが合体したような作品ともいうべきCrab Claw Kunが登場します!

Toys To Artでは今回Crab Claw Kunの発売中のJubiさんをインタビューして彼のこれまでの経歴やなぜそこまで甲殻類にこだわるか等、他ではなかなか聞くことが出来ないアーティストの生の声を聞き出してきました!

Toys To Art (以下、TTA):自己紹介とこれまでの生い立ちを教えていただいていいですか?

JUBI:台北で生まれも育ちの生粋の台湾人です。子供のころから絵を描くのが好きでそのまま美大を卒業しました。その後本業でゲームデザイナーをしながら、副業で夢であったおもちゃデザインをさせていただいています。

↑ Giant Crab Kaiju Blind box version(左) and Standard Version (右)
(共に Unbox Industriesより発売中)

TTA:今までの作品のモチーフ(サソリやカニ等)をみていますと、甲殻類に異常な愛着があるようにも見受けられますが、今回せっかくファンも読んでいますので詳しく解説していただいていいですか?

JUBI:周りの人からは昔からおかしいといわれていますが、子供の頃から虫や甲殻類が大好きでした!もう僕にとっては最高にクールなものです!周りはヒーロー、サムライやエイリアンに夢中でしたが、僕は虫や甲殻類に十分でした。

TTA:作品の世界観の解説をお願いします。

JUBI:現状では物語を考案する時間が取れないので、ベースの世界観だけ決めた状態で止めています。また僕自身が世界観の維持や作品同士の整合性を考えながらデザインをすることが苦手なので、あまりその辺を深く考えずにデザインする本来の自分のスタイルでやっています。ただ先ほど話したように、僕の作品には共通の世界観がベースとしては存在しています。

↑ Crab Claw Kun原型

TTA:今製作中の「Crab Claw Kun」は始めて自身で製造まで管理した作品ということで間違いないですか?また自身ですべてやってみてどうでした?

JUBI:実はあまり知られていないのですが、2008年に”BUSHI GAKKI”というロックが大好きなサムライ少年のキャラクターの商品を作りましたが正直のところ販売数が…という感じでした。
あの時の悪夢の記憶が有るので今回は丁寧に計画を立てて進行しました。

↑ Bushi Gakkiの原型

TTA:インタビューした皆さんに聞いていますが、ご自身は自分の作品をおもちゃだと思っていますか?あるいはアートになりますか?

JUBI:答えるのが難しい質問ですが、まだまだ私のレベルでは「商品」というカテゴリーで見ていただきたいです。もちろん、いつかは大勢の人々に認められてアートと胸を張って言える時代が来るといいですが現状はまだまだです。

↑ JubiデザインのPoison Scorpion Kaiju(インスティンクトトイから発売中)

TTA:あなたに影響を与えたものは何になりますか?

JUBI:普段の多忙な生活の中あまり観察やゆっくり考える時間はありませんが、自分の持っているSNSなどのネットワークから良く刺激を受けています。気になるものがあれば、インスタの検索機能でよく探しています。ただ物事を様々な角度で見るのが得意ですが、そこから何か刺激になるものを発見するのはなかなか大変です。

TTA:集めているモノはありますか?また一番好きなおもちゃはありますか?

JUBI:アートトイではお気に入りはWonderful! Design Works, Gary Baseman, Jim Woodring, James JarvisやWill Sweeney辺りになります。ただ一番集めているのが BE@RBRICKs 100%シリーズで、もうかれこれ18年程集めて数にして3000個というとんでもない量になっています。これ以外だとPlay Set Productsのデザインが好きで商品を集めています。

【私的好きなおもちゃランキング】
① The Wonderful Man (The Wonderful! Design Works)
② BE@RBRICK (MEDICOM TOY)
③ Dunces(Gary Baseman)
④ Dumb Luck (Gary Baseman)
⑤ Pupshaw and Pushpaw(Jim Woodring)
⑥ Dorbel (Jim Woodring)
⑦ SU2CV (Will Sweeney)

TTA:今後の活動予定や製作中の作品で話せる範囲で何かありますか?

JUBI:今アイディアをため込んでる状態でコラボをするアーティストも探していますが、基本的には甲殻類のバイナル中心でやっぱり活動していく予定です。発表した時のみなさんの反応を見たいので今製作中の次回作は秘密のままにしておきます。

TTA:最後に日本のファンに一言お願いします。

JUBI:おかげさまで今まで製作した「超蟹怪獣」、「毒蠍怪獣」 や 「鉗君」は日本で大好評でたくさん購入していただきました。今後も皆さんに喜んでもらえる作品を作っていけたらと考えていますので今後も応援よろしくお願いします!


Crab Claw Kun (鉗君)は現在Toys To Artで販売中!

<商品詳細>
●Designed and produced by JUBI
●商品全高:80mm
●可動部分:6点(頭、目、ハサミ)

販売数は少量となりますのでお早めにどうぞ!
http://bit.ly/TTA-Crabclaw


フェスブック : https://www.facebook.com/jubiart/
インスタグラム: https://www.instagram.com/jubiyang/


Toys To Artの公式LINE@アカウントで最新情報を配信中!Lineで友達追加していただくだけでどこよりも早く商品情報や1000toysならではのアーティストの情報を配信!

スマートフォンからご覧になっている場合はこちらのボタンでも簡単に追加できます!

友だち追加

PCからご覧になっている場合、「LINE」アプリの「その他」タブから「友だち追加」を選択すると、ID検索画面が表示されます。そこからToys To ArtのID「@szw1867v」を入力して検索して頂くか、下記のQRコードを読み込んで追加することも出来ます。

This image has an empty alt attribute; its file name is TTA-LINE-QRCODE.png